2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のバドマガ

バドマガ3月号、気になった記事のご紹介です(^_^)b

バドマガ3月号

トップアスリートの多くが、練習や試合を記録する「ノート」を活用している、ということを
ご存知でしょうか?

今月のバドマガでは、スポーツ心理学のスペシャリストが「書く」ことと、スポーツの関係に
ついて説明されているので、ここでご紹介します。

スポーツにおいて「書く」ことの効果はたくさんあるそうです。

たとえば、

自分の進むべき道を再認識する。
心の中で思ったり、友達に言ったりするだけでなく、「書く」ことによって
「こうなりたい」と自己宣言することで、肯定的な意思が固まっていくわけですね。

やる気が維持できる。
論理的な思考が身に付く。
たとえば、スランプに陥った時、過去の記録を見直せば、どうやってスランプから脱することが
できるか、論理的に考える手助けになるというわけです。

試合直前や直後の記録をつけることによって、試合が良かったときの心の持ち方、体の状態、
逆に悪かったときの状態も知ることができます。

これを利用して、試合の時に最高のコンディションに持っていくため
試合から逆算して、どの時期に体を追い込んで、どの時期に休むなどの調整が
できるようになるわけです。

世界で活躍するようなアスリートたちは、心技体の大切さをよく知っているので
体だけではなく心の状態も記録して、自分をコントロールしているんでしょうね。

また、企業研修などに使われる「KJ法」を取り入れている学校もあるそうです。

KJ法とは、グループに問題を与え、ブレーンストーミングの要領で
たくさんのアイディアを出させ、それを黒板に貼り付け、一見バラバラなアイディアを
グループ分けして見出しをつけてアイディアを整理していく・・という問題解決手法です。

漠然と心の中にあったものを、とにかく「書く」ということで一旦外にはき出してみると
色々なものが見えてくるのかもしれません。

堅苦しく考えず、まずは1行日記などを付けていくことから
こうしたノート術をバドミントンに取り入れてみてはいかがでしょうか(^0^)/


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
(MaC通信編集部)
Material Crew マテリアルクルー~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

materialcrew

Author:materialcrew
バドミントンのシャトルコック専門店
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/
ようそこ!MaC通信ブログへ
マテリアルクルーのお得な情報はもとより、バドミントンの試合観戦記や、店長ワカの戦績、バド面白ネタなどをご紹介させていただきます。

最新記事

カテゴリ

MaCからのお知らせ (28)
バド動画など (7)
今月のバドミントンマガジン (6)
四方山ばなし・・・ (12)
試合観戦記 (12)
試合出場記 (8)
チャレンジ25(CO2削減プロジェクト) (4)
未分類 (1)
バドミントン シャトル (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。