FC2ブログ

2010-11

どうだった?全日本シニア2010

11月20日~22日の3間にわたって、福岡で全日本シニア2010 が開催されました。

全日本シニア

今回、MaC店長は東京予選で敗退してしまい
本戦には出場できませんでしたが、
MaCユーザーの方で何人か本戦に出場した方がいらっしゃいます。

戻ってからお話を聞かせていただきました



『全日本シニア、どうでしたか?』

Taっさん

久留米まで全日本シニア大会に行ってきましたよ~!

35才以上の会場は三潴(みづま)という場所でした。
宿が久留米近辺には取れなかったので、博多から毎日電車で1時間以上かけて会場入りしました。

出来て2年くらいの新しくきれいな体育館ですね。

初日のダブルスは早々に栃木のペアに負けてしまったので早速反省会!!

そこで食べた、イカの活き造りが美味しかったのでとりあえず満足ということで・・。

全日本シニア1


気分を新たに、2日目は、シングルス。

1回目は勝ちました!

が、2回目に山口の吉川君に転がされました。
レベルが違いすぎました。。

今年の大会はレベルが上がっていたように思います。
35才以上でも、飛び跳ねて打ちまくっていました。

あと、30才以上も含めて、過去に大学や実業団で実績がある人が多くなってきているので、
我々一般人が勝つのは厳しくなってきていると感じました。

全日本シニア

今日の反省会のあとは、博多ラーメン食べてきました。


全日本シニアのレベルの高さを実感されたようですね・・
でも、そんな違う世界、ちょっと見てみたい気もします




次は60歳以上の部で出たM田さんに伺いました。

『お疲れ様です~。全日本シニア、どうでしたか?』

M田さん

このたび、福岡で開催された全日本シニア選手権に60歳以上のダブルスで参加しました。

第1シードも、第2シードの人も、東京、千葉の人で、よく知っている人でビックリでした。

会場は、福岡といっても、うきは総合体育館(うきはアリーナ)で、久留米からさらに、
11駅もかかるかなり田舎でした。(博多から1時間半かかります)

ここは、60歳代、65歳代の会場になっていました。(見た感じ、年寄りばっかり

本当は、ベスト4を狙っていたのですが、1回戦は2-0で完勝、
2回戦は残念ながら、0-2で完敗でした

敗因を分析すれば、受け身にまわってしまって、力を封じられた感じです。
(要は、シャトルを上げすぎで、受け身にまわってしまった

今回は、第1シードの人はナント!初戦敗退、第2シードが優勝しました。
第2シードのMさんは、地元の団体戦で、パートナーとして組んだこともあり、
実力的には把握できます。

要は、60歳代の試合は、すべて紙一重で、だれが優勝してもおかしくないぐらいと
感じました。したがって、くやしさもヒトシオです

来年も是非、同じペアで狙ってみたいと考えています

全日本シニア
全日本シニア


実は、今回は奥さんと旅行気分で、長崎、福岡、熊本と色々まわってきたんですよ。

長崎チャンポン、もつ鍋、熊本ラーメンと、おいしい九州の料理を味わいました。

特に、熊本城は想像通り大変美しいお城でした。

それと、熊本の女性は渋谷ギャルのような人が多く、
しかし耳をかた向けると、熊本弁で「○○○しちょる?」
一寸ギャップを感じたりしましたね~

M田さん、奥さんと旅行もできたし、地元のギャルも見れたし、
全日本シニア、満喫したようですね



ありがとうございました!

来年も是非お話を聞かせてください。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
(MaC通信編集部)

Material Crew マテリアルクルー
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/

スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

materialcrew

Author:materialcrew
バドミントンのシャトルコック専門店
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/
ようそこ!MaC通信ブログへ
マテリアルクルーのお得な情報はもとより、バドミントンの試合観戦記や、店長ワカの戦績、バド面白ネタなどをご紹介させていただきます。

最新記事

カテゴリ

MaCからのお知らせ (28)
バド動画など (7)
今月のバドミントンマガジン (6)
四方山ばなし・・・ (12)
試合観戦記 (12)
試合出場記 (8)
チャレンジ25(CO2削減プロジェクト) (4)
未分類 (1)
バドミントン シャトル (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR