FC2ブログ

2019-08

ウォームビズがスタート!

地球温暖化防止の「チャレンジ25」では、クールビズ、ならぬ
「ウォームビズ・キャンペーン」を11月1日よりスタートしました!

節電や地球エネルギー見直し対策の一つとして、
冬の暖房を20℃設定でも心地よくすごすことのできるライフスタイルを
推進しましょう!ということのようです。

そういえばテレビのコマーシャルでも、暖ったかグッズがいろいろ
宣伝されてますよね。

体が温まる食事や、部屋の温度を逃がさない方法など色々な
アイディアが載っているので、こちらのサイト、一度目を通されてみてください。

>> WARM BIZ くわしくはこちら

私も2年くらい前から、ゆたんぽを愛用しています。
電気毛布等とくらべて乾燥しなくて、朝までぬくぬくですよ!

バドラーの皆さん、体育館で汗をかいたあとは
体を冷やさないように気を付けてくださいね(^_^)b

スポンサーサイト

今年もライトダウンキャンペーンが行われます

毎年恒例の「ライトダウンキャンペーン」が今年も行われます。


~ライトダウンキャンペーンって?~

地球温暖化防止のため、照明施設の消灯を呼びかけるキャンペーンです。


2010年度は、CO2削減の国民運動「チャレンジ25キャンペーン」の一環として、
6月20日(日)から7月7日(水)までの間「CO2削減ライトダウンキャンペーン」を実施します。

6月21日(夏至の日)と7月7日〔七夕・(クールアース・テ゛ー)〕の両日の夜8時から10時までの2時間を、特別実施日として設定し、全国のライトアップ施設や各家庭のあかりの「ライトダウン」を広く呼びかけていきます。

ライトダウンキャンペーン2010



~コンセプトは、“一人ひとりに、とっておきの夜が待っている。”~

(チャレンジ25より抜粋)


日が暮れると、私たちは当たり前のように照明を点して部屋を明るくします。

街もネオン光であふれ、まるで昼間のよう。

少しでも明るく、少しでも輝くように――。


でも、想像してみてください、明かりがすべて消えた夜を。

どれほどの明かりを使っていたのかをきっと思い出せるはず。


明かりを消すだけで、心静かな空間が広がります。

夜空を見上げて星座を探したり、小さな虫の声に耳を澄ましたり、

音楽を聴いたり、家族や恋人と語り合ったり。

きっと自分に合った素敵な夜の楽しみ方が見つかるはずです。


明かりを消すことは、私たちには幸せな時間を、

地球には小さな休息をもたらします。


あかりを消した夏の夜、あなたと地球にとって特別な時間がはじまります。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
(MaC通信編集部)

Material Crew マテリアルクルー
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/

仕切りなおし!「チャレンジ25」で温暖化対策!

2010.01.17 このブログを購読する

[ チャレンジ25(CO2削減プロジェクト) ]
以前ご案内したとおりMaCでは
地球温暖化対策運動の「チームマイナス6%」を応援しておりましたが
このプロジェクトが、2010年1月14日より
「チャレンジ25」として新しい活動に生まれ変わりました。

チャレンジ25

昨年の国連気候変動サミットで鳩山総理が
日本の目標を2020年までに25%削減することを表明したことから
新たに展開されたプロジェクトです。

「チャレンジ25キャンペーン」では
チームマイナス6%から、よりC02削減に向けて
以下の6つの活動を推進しています。

Challenge1! エコな生活スタイルを選択しよう

Challenge2! 省エネ製品を選択しよう

Challenge3! 自然を利用したエネルギーを選択しよう

Challenge4! ビル・住宅のエコ化を選択しよう

Challenge5! CO2削減につながる取り組みを応援しよう

Challenge6! 地域で取り組み温暖化防止活動に参加しよう


チャレンジ25キャンペーン 公式ページ
http://www.challenge25.go.jp/


それにしても「エコな生活スタイル」と言われても
具体的にどういうことをすればいいんでしょうか・・?

ピンとこない方のために、ひとつだけMaCからご提案 (^_^)b

通勤、通学には自転車を使ってみてはいかがでしょうか?
バドミントンの基礎は「足」!ですからね。
メタボ対策にもいいですし・・・


国の立場が違うので世界中が足並みをそろえるのは難しいですよね。
でもまずは一人一人の意識から!

チャレンジ25キャンペーンが皆さんに浸透していくことを
期待しています!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
(MaC通信編集部)

Material Crew マテリアルクルー
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/

チーム・マイナス6%


最近「チーム・マイナス6%」ってよく聞きますよね?

チームマイナス6%

あまりピンとこない方のためにご説明しますと・・

1997年に京都で開かれた国際会議で
「地球温暖化を防止するために、各国でCO2の排出量を減らしましょう!」
という目標を設定しました。いわゆる「京都議定書」ですね。(^_^)b

削減目標は
ヨーロッパ各国は-8%
アメリカは-7%
日本やカナダは-6%  etc.

これを実現するために環境庁が先頭になって呼びかけている
国民的プロジェクトが「チーム・マイナス6%」なんです。


EUでは環境に対する意識が高く、マイナス8%に成功したそうです。

日本は今のところ減らすどころか逆に増えてしまっているのが現状・・・(-.-;)

アメリカに至たっては京都議定書からは離脱してしまいました。
新しい大統領になってからの方針はまだ決まっていないようですが。


約束期間の2012年まで、相当頑張らないとマイナス6%が達成できそうにありませんが
「京都の約束」を議長国である日本が守らない訳にはいきませんよね。


国や企業が動くのはもちろんですが個人レベルでもできることは沢山あります。

♪エアコンの温度を夏はキンキンに冷やしすぎていませんか?
♪どこに行くにも車で行っていませんか?たまには徒歩や自転車を利用してみては?
♪水道の水を出しっぱなしにしていませんか?
♪お買い物はマイバッグで
♪ゴミの分別はちゃんとしてますか?


意外に「えっこんなことが?」というような
小さなことがCO2削減につながっているようです。

こちらのサイトでは自分にあったCO2削減方法を診断してくれます。
なかなか面白いのでチャレンジしてみてください。

→「1人1日1kg CO2削減生活!」


さて、バドラーとしては、どんな形でチームマイナス6%に
取り組んでいったら良いでしょうか?

体育館は基本的にクーラーは使っていませんよね
夏は汗だくで練習するのがバドラーです(^^;)

大会などで出るペットボトルやコンビニ弁当などのゴミは
けっこうな量がありますがその辺からなんとかできないでしょうか。

・各出場チームが責任をもって自分のチームのゴミを分別する
・主催者側が分別して捨てられるゴミ袋を用意する
・ペットボトル回収機を1日レンタルするなどなど・・(~_~)

などなど、

皆さんも普段の練習中、また大会などに出ているときチームマイナス6%のことを
意識して思い出してみてください。


MaCでも、まずは自分できる小さなことから取り組んで行こうと思っています。

エイエイ( ̄0 ̄)O!オー!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
(MaC通信編集部)

Material Crew マテリアルクルー
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/


«  | ホーム |  »

プロフィール

materialcrew

Author:materialcrew
バドミントンのシャトルコック専門店
~リピート率90%のシャトル~
http://www.material-crew.com/
ようそこ!MaC通信ブログへ
マテリアルクルーのお得な情報はもとより、バドミントンの試合観戦記や、店長ワカの戦績、バド面白ネタなどをご紹介させていただきます。

最新記事

カテゴリ

MaCからのお知らせ (28)
バド動画など (7)
今月のバドミントンマガジン (6)
四方山ばなし・・・ (12)
試合観戦記 (12)
試合出場記 (8)
チャレンジ25(CO2削減プロジェクト) (4)
未分類 (1)
バドミントン シャトル (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR